電子カルテに蓄積されたデータをリアルタイムで経営に活用

電子カルテに蓄積されたデータをリアルタイムで経営に活用

健全な病院経営を維持し、医療の質向上を図るためには、様々な指標を常に確認してPDCAのサイクルを回す必要があります。電子カルテに蓄積された膨大なデータをリアルタイムで様々な角度で分析することによって攻めの経営ができるようになります。

データ集計作業が簡単 & 大幅削減でき現場もうれしい

データ集計作業が簡単 & 大幅削減でき現場もうれしい

手作業で集計している平均在院日数や病床稼働率などのデータがりアルタイムでグラフ表示され、さらに分析まで。数時間かけていた作業が大幅削減できます。

業務多忙でも情報の見落としがなくなる

業務多忙でも情報の見落としがなくなる

業務が多忙で、限られた時間しか院内の情報をキャッチアップすることができない現場の方へも電子カルテを開くとトップからのメッセージや緊急の告知、経営状況などが自然と入ってくるので、情報の見落としがなくなります。

機能紹介

レポート
  • ・病院サマリとして、外来実績、入院実績の直近情報を把握
  • ・入院収益詳細(年間):月別の病院収益(入院、DPC、出来高、1入院単位金額)を前年対比でレポート
  • ・入院患者情報詳細(過去30日分):前日から過去30日分の種別ごとの入退院状況
データマート
  • ・わかりやすい構造にデータマート化
  • ・データマートからデータを簡易に抽出し編集
  • ・レポートツールを利用して、自由にデータを集計
ポータル
  • ・"カルテPortal"を利用して情報公開・情報共有
  • ・主要機能:お知らせ、文書管理、スケジュール、設備予約、メッセージ、アンケート

お客様の声

健全な病院経営を維持し、医療の質向上を図るためには、様々な指標を常に確認してPDCAのサイクルを回す必要があります。電子カルテに蓄積された膨大なデータをリアルタイムで様々な角度で分析することによって攻めの経営ができるようになりました。
(院長 Cさん)

これまでは電子カルテから平均在院日数や病床稼働率などのデータを抜き出してエクセルを使って手作業で集計していました。カルテPortalの導入でほぼリアルタイムでデータがグラフ表示され、分析まで行えるようになりました。今まで数時間かけていた作業がほとんどゼロになりました。
(病院事務部門 Bさん)

1人1台のパソコンが無くまた業務が多忙で、限られた時間しか院内の情報をキャッチアップすることができません。電子カルテを開くとトップからのメッセージや緊急の告知、経営状況などが自然と入ってくるので、カルテPortalの導入で情報の見落としがなくなりました。
(看護師 Aさん)

お問い合わせ

製品のお問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ