ITとOTを結ぶエッジコンピューティング

ソリューション

【連載】ATSのちょっとユニークなソリューション

ITとOTを結ぶエッジコンピューティング

今回から5回のシリーズで、ATSならではのユニークなソリューションをご紹介していきます。第1回は「エッジコンピューティング」です。ITとOT(オペレーショナルテクノロジー)の融合は、あらゆる製造業にとって避けては通れないテーマになろうとしています。ここに威力を発揮するエッジコンピューティングにおいても、ATSは実効性の高いご提案をご用意しています。

現場のデータは現場で分析

製造業の生産現場において、ITとOTを融合させる動きが加速しています。インダストリアルIoT(IIoT)とも言われるこの取り組みは、生産設備にセンサーなどを付加してデータを収集することから始まります。データから得られた知見は、歩留まりの向上をはじめ、生産現場の様々な改善に役立てることができます。

データの分析結果から生産設備の障害発生の予兆を検知し、予防保全に役立てる取り組みも始まっています。これまで一般的だった計画保全に対して、保守にかかる工数やコストを低減することができます。

また、自社製品が顧客企業の完成品の部材として使われるようなケースでは、自社製品の品質改善が顧客企業の生産工程にどのような影響を及ぼすかなど、IoTの適用範囲を顧客企業にまで広げる動きもあります。エンドツーエンドの視点から自社製品の品質改善を続けることは、顧客企業のビジネスに貢献し、ひいてはロイヤリティ醸成など自社の成果にもつながります。

ITとOTの融合に欠かせないのがエッジコンピューティングです。現状ではエッジ(現場)で発生したデータはデータセンターやクラウドなどに送ってから分析することが主流ですが、市場変化のスピード感に追随するために、エッジ領域でデータを処理してエッジでインサイトを得ようというニーズも拡大しています。そのために、高性能なエッジコンピューターを導入しようという動きが活発化しているのです。

これらの声にお応えするATSのソリューションの中核にあるのが、「HPE Edgelineコンバージドエッジシステム」です。

HPE Edgeline IoT System
HPE Edgeline IoT System

エッジにもエンタープライズITクラスの機能と管理性を

HPE Edgelineコンバージドエッジシステムは、生産現場をはじめとする過酷な環境に設置できる堅牢でコンパクトなボディに、各種センサーからのデータを扱える多様なインターフェイスを搭載した専用製品です。最新モデルは、HPEエンタープライズサーバー製品と同レベルの管理機能を備えています。

また、HPE Edgelineコンバージドエッジシステム上で稼働する「HPE Edgeline OT Link Platform(OTP)」にもぜひご注目ください。このOTPソフトウェアでは、センサーやPLC、ロボットなどから収集した各種データの処理フローを容易に構築することができます。この領域は独自のプログラム開発が必須でしたが、OTPソフトウェアなら画面上にパーツを配置していく簡単な操作で、データをどのタイミングでどのように処理するかを自由に設定できます。

HPE OTEdgeline IoT System - 03
HPE Edgeline OT Link Platformソフトウェア(OTPソフトウェア)

エッジからのデータ爆発に備えるために

ATSではHPE EdgelineコンバージドエッジシステムとHPE Edgeline OT Link Platformに加え、データ分析・可視化ツールやクラウドなども含め、ITとOTの融合に欠かせないエッジコンピューティングソリューションを幅広くご用意しています。

今後、IoTの進展により、エッジ領域で生み出されるデータ量は爆発的に増大すると予想されています。ここにいち早く備える意味でも、エッジコンピューティングを整備することは、ビジネスプロセス全体の生産性向上・スピード化に不可欠な要素となるでしょう。

さまざまな用途で利用が広がるエッジコンピューティング
さまざまな用途で利用が広がるエッジコンピューティング

Edgeline製品や顧客事例などはこちらのページにも掲載していますので、ぜひご覧ください。

エッジコンピューティングのページに移動


記載の企業名、製品名は各社の商標または登録商標です。
ブログ記事は掲載時点(2019年10月)における情報をもとに執筆しており、著者の意見や経験に基づく内容を含んでいます。掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。