HPE SimpliVity 380 Gen10 H

Backup and Archive 専用モデル
バックアップ保存先専用、低コストで大容量ディスクに秒速バックアップが可能

SimpliVity 380 Gen10 LFF H Backup and Archive 専用モデルはストレージ構成に SSD と HDD を組み合わせ、Hybrid Storage 構成として、HDD の大容量性を活かし、リーズナブルに大容量ノードを用意できます。
すでに導入済みの HPE SimpliVity の別モデルからも、ソフトウェアのアップデートによりバックアップ可能で、SimpliVity の特長の秒速バックアップのバックアップ&アーカイブ用途ノードとして最適化されています。


利用シーン
  • ・バックアップ
  • ・データアーカイブ

HPE SimpliVity 380 Gen10 H Backup & Archive 専用モデル (LFF) ハードウェア仕様

記載スペックは2020年7月時点の内容です

プロセッサーファミリ インテル Xeon プロセッサー・スケーラブル・ファミリー
CPU搭載数 1P or 2P (2P 推奨)
コア数 8〜28コアを選択可能
メモリ 1PCU構成:128GB ~ 1.5TB
2CPU構成:256GB ~ 3TB
データ領域用ストレージ 1.92TB 3.5 型 6G SATA SSD×4 + 4TB 3.5 型 12G SAS HDD×8
RAID設定 RAID-10 (SSD)+RAID-6 (HDD)
有効実効容量 25 TB
ハイパーバイザー VMware ESXi
ポート Ethernet 1Gb 4 ポート (拡張可能)
  • ・HPE SimpliVity 380 Gen10 Backup and Archive 専用モデルは、バックアップ用途に特化させた仕様の為、本製品上でVM (仮想マシン) を動作させると、パフォーマンスが低下する可能性があります。
  • ・本製品のオーダーには特別申請が必要です。問合せフォームより見積依頼をしてください。

記載の社名や製品名は各社の登録商標または商標です。