第4世代ブレードイノベーションHPE Synergy

究極のブレードシステムへ。
統合インフラの進化は、ここまで来た。

コンバージドシステム、ハイパーコンバージドのその先へ――HPE Synergyは「究極のブレード型統合システム」として完成されました。1シャーシ内にサーバー / ストレージ / ToRスイッチを統合し、インフラ機器を極限までシンプル化。オンプレミス環境にパブリッククラウドと同等の扱いやすさとスピード感をもたらします。あなたも、複雑化したサーバー / ストレージ環境をHPE Synergyで統合しませんか。HPE BladeSystem c-Classをさらに進化させた「第4世代ブレードイノベーション」をぜひ体感してください。

フレーム

フレーム

各種モジュールを収容し、ラックスケールの単一リソースプールを実現

  • コンポーザー

    コンポーザー

    リソースの自動検知、構成および再構成するためのマネジメント機能を提供

  • コンピュートモジュール

    コンピュートモジュール

    2~4ソケットの計4モデルを用意し多様なワークロードに対応

  • ファブリックモジュール

    ファブリックモジュール

    ToRスイッチ不要でコアスイッチに接続し、ネットワークの複雑性を解消

  • ストレージモジュール

    ストレージモジュール

    コンピュートモジュールに対してSDS/DAS/SAN環境を自由に提供

  • もっと簡単に

    もっと簡単に

    HPE Synergyなら、構成機器のシンプル化と運用の自動化により、システム管理にかかる負荷を大幅に軽減できます。

  • もっと柔軟に

    もっと柔軟に

    HPE Synergyなら、物理環境と仮想化環境をひとつのリソースプールとして扱え、あらゆるワークロードに対応できます。

  • もっと迅速に

    もっと迅速に

    HPE Synergyなら、パブリッククラウドと同等の扱いやすさとスピード感でオンプレミスシステムを利用できます。

お問合わせ(ご質問・見積依頼)

「サーバー4台」から、HPE Synergyのメリットが手に入ります。

拡張バッチリ
ブレードに1Uサーバーと同等の拡張性

HPE Synergy 480 Gen10コンピュートモジュールは、ハーフハイトのサーバーブレードながら、1Uラックマウント型サーバー HPE ProLiant DL360 Gen10と同等の拡張性を備えています。インテル®Xeon® Platinum 8180 プロセッサーを最大2CPU/56C、24メモリスロットに最大3TBの大容量メモリを搭載可能。また、フレーム内にストレージモジュールを収容できるHPE Synergyでは、より大容量の内蔵ストレージをご利用いただけます。

背面スッキリ
ケーブル本数は1Uサーバーの1/10以下

HPE Synergyは、ブレードアーキテクチャーならではのシンプルな配線を実現。1Uラックマウント型サーバー比でケーブルの総数を1/10以下(432本を37本)に削減します。セットアップは、フレームにサーバーブレードを挿し込むだけ。配線不要で接続できるうえに、稼働中のサーバーのケーブルを誤って抜いてしまうようなリスクも低減します。サーバー本体と配線が分離されているため、サーバーブレードの交換や転用は実に容易になります。

グッと小さく
1Uサーバー比で約40%省スペースに

HPE Synergyは、高さ10UのHPE Synergy 12000フレームに最大12サーバーブレードとスイッチを収容。1Uラックマウント型サーバー12台とスイッチを組み合わせた構成との比較で、約40%の省スペース化が可能です。ラックスペースを大幅に削減するだけでなく、総重量の抑制に貢献することにもご注目ください。

ラクラク自動
セットアップも構成変更も自動的かつ迅速に

各コンポーネントの設定や制御を「RESTful API」により一貫して行えることが、HPE Synergyの大きな特長です。たとえばサーバー増設時は、定義済みプロファイルを適用するだけで、必要なハードウェア設定、ハイパーバイザーやOSのインストール、OSやアプリケーションの設定、ネットワークやストレージへの接続までを自動的に行えます。仮想サーバー環境と同等の感覚で、物理サーバーの設定や役割を変更することも可能です。

お問合わせ(ご質問・見積依頼)

お役立ち資料

 eBook 

誰でもわかる コンポーザブル インフラストラクチャ

Composable Infrastructure for Dummies

コンポーザブルインフラでデータセンターを収入源に

IT部門では、長い間、信頼できるインフラストラクチャを最善を尽くして提供してきました。しかし、デジタルトランスフォーメーションが進む昨今ではITインフラには柔軟性と俊敏性が求められるようになりました。このような矛盾した要求に応え、新しいビジネススタイルを実践できる基盤がコンポーザブルインフラストラクチャです。eBookでは、ITインフラに対する要求の変化からコンポーザブルインフラの特徴・強みについて紹介します。

 内容をみる