導入事例
あま市民病院様

病院の移転を機にITインフラを一新し、コスト削減と耐障害性向上を目指す

電子カルテシステムおよび、調剤システム、臨床・検体、細菌検査システム、グループウェアなど目的別に構築されてきた10の部門システムのインフラをそれぞれ統合。個別に構築されてきた膨大な数のハードウェアの設置スペースを大幅に削減するとともに、長期的なコスト削減とシステムの耐障害性向上を目指す。

注目ポイント

  • 11システムのインフラをHPE ProLiant DL380 Gen9をはじめとするHPEのハードウェアに統合し、運用を一元化することで、運用負荷を大幅に低減
  • 高性能かつ高信頼な仮想化共通基盤上で、11ベンダーによる各種アプリケーションを稼働
  • 電子カルテなどミッションクリティカルなシステムは、冗長化により可用性を向上
  • 全システムのバックアップを統合し、ポリシーに基づいた確実なバックアップにより耐障害性を向上