m-FILTER @Cloud

クラウドメールの利用における
セキュリティ課題を解決

m-FILTER @Cloud

最近ではニュースでも目にするマルウェア「Emotet(エモテット)」。
Emotetとは、悪意のある攻撃者によって送られてきたメールに添付されたファイルのマクロを実行することで感染するマルウェアです。正規のメールに紛れるように送られてくるため、受信者は攻撃メールであることに気付かないまま、マクロの実行へと誘導されます。
攻撃の手口は功名で多岐に及ぶため、被害が拡大しています。
「m-FILTER」は、標的型メール攻撃対策として有効です。


✓ デジタルアーツ社が提供する「クラウド型メールセキュリティサービス」です。
✓ 1つの製品でメールにおける「誤送信対策」と「外部からの攻撃対策」を行います。
✓ 統合レポート機能により、有事の際の証跡確認も行えます。(改定個人情報保護法への対策
Microsoft365 や Google Workspace の標準機能と連携し、セキュリティを強化します。

業務を阻害しない「安全なメール運用」は
ホワイト運用と偽装判定で実現



「m-FILTER」のデータベースは、99.90%※1以上の安全な送信元の「IPアドレス」「メールドメイン」を格納しています。

データベースに登録されている安全な送信元からのメールは誤検知が少なく受信でき、 データベースに登録されていない送信元からのメールは不確定要素ではなく「マクロ有無」「拡張子」等で判定するので検知漏れなく判断できます。

※ m-FILTER@Cloud 誤送信対策版 非対応
※ 特許6669954号
※1 2021年4月1日~9月末日の平均


メールの受信

外部からの攻撃対策


送信元偽装判定
添付ファイル偽装ブロック
受信メールの無害化
業界最高水準のスパム検知
サンドボックス*添付ファイルの
脅威を検知
  *Anti-Virus & Sandboxオプション

メールの送信

誤送信
情報漏えい対策


添付ファイル暗号化
時間差配送(社内/社外)
メール配信の制御
個人メールへの配信制御、上司承認

効率的な管理・運用

運用


使いやすい管理ポータル
リアルタイムレポート機能
リアルタイムアーカイブ
(CSIRT体制 インシデント対応)

危険な可能性がある添付ファイルの
セキュリティチェックを行うオプションサービス

・「Anti-Virus & Sandbox」で「メール」と「添付ファイル」を判定し、危険があれば隔離します。
・「m-FILTER」の偽装判定との組み合わせで安全な添付ファイルのみ受信可能にします。




m-FILTER@Cloud の ライセンス

m-FILTER@Cloud
1デバイスあたり
\500-/月

オプション Anti-Virus & Sandbox
1デバイスあたり
\200-/月
※ 表示価格は定価です。最新の価格はメーカーのWEBサイトをご確認ください。
※ ライセンスの最小購入単位は、10となります。
※ 年間単位でのご契約となります。
※ 表示価格は、すべて税別です。

Anti-Virus & Sandbox の特別価格キャンペーン

\200-/月
\150-/月

オプション Anti-Virus & Sandbox を
先着100万Licに特別価格でご提供

適用条件
・新規ご購入のお客様が対象です。
・2022年12月23日までのデジタルアーツ社へ発注分が対象です。
・先着100万ライセンスまでの特別価格です。
・本キャンペーンは「Anti-Virus & Sandbox」オプションに対して適用されます。
 製品本体「m-FILTER@Cloud」は別途ご購入頂く必要があります。

お問い合わせ


記載の製品名、社名は各社の商標または登録商標です。
製品名の表記において ™ や ® は省略しています。