エンドポイント統合管理プラットフォーム

VMware Workspace ONE


デバイス・場所を問わず、セキュアなアクセスを可能にする
デジタルワークスペースを提供するプラットフォーム

VMware Workspace ONEは、あらゆるデバイス(エンドポイント)を単一の管理画面から管理・運用を可能にする統合エンドポイント管理(UEM:Unified Endpoint Management)ソリューションです。​
セキュリティとコントロール性を確保しながら、柔軟性のあるデジタルワークスペースを提供します。



セキュアなアクセス環境の実現のためIT部門に求められる課題

  • ユーザーデバイスの多様化に伴う、あらゆるデバイスの信頼性確保

    ユーザーデバイスの多様化に
    伴う、あらゆるデバイスの
    信頼性確保

  • オフィスや自宅など、様々な場所からのアクセスの保護

    オフィスや自宅など、
    様々な場所からの
    アクセスの保護

  • 最新のアプリケーションをサポートし、ユーザーの利便性を向上

    最新のアプリケーションを
    サポートし、ユーザーの利便性を向上


VMware Workspace ONEによるデバイス管理とゼロトラストアクセス

VMware Workspace ONEによるデバイス管理とゼロトラストアクセス

VMware Workspace ONEの6つの主要機能

     Workspace ONE UEM 

    ①統合エンドポイント管理

    ひとつの管理コンソールで、 iOS、Android、Windows、macOS など、あらゆるエンドポイントのライフサイクル全体を一元管理します。 セキュリティポリシーに反する端末の排除や、カメラなどの機能制限といった多彩なセキュリティ機能を提供し、安心安全なテレワークやモバイルワークを支援します。

  • デバイスリスト(Workspace ONE UEM ダッシュボード)

    サポートプラットフォーム

    ・Windows 10 以降 (Windows 11対応)
    ・iOS 12.2 以降
    ・Android v4.4 以降
    ・macOS 10.14 (Mojave)以降
    ・Windows Mobile
    ・Linux Devices

  • デバイスリスト(Workspace ONE UEM ダッシュボード)
    画像出典:https://docs.vmware.com/jp/VMware-Workspace-ONE-UEM/services/iOS_Platform/GUID-DeviceMgmtOverview.html

    最新のサポート状況は Supported Platforms (vmware.com) よりご確認いただけます。

     アプリ管理とSSO 

    ②アプリ管理とSSO

    ネイティブアプリに手を加える事なくWebアプリと同様なシングルサインオン(SSO)を実現し、ユーザーの利便性を向上させます。

  • 内部アプリ、SaaSアプリなどが統一された「アプリケーションカタログ」

    ・シングルサインオン(SSO)
    ・条件に基づいたアクセス
    ・多要素認証(MFA)

    ・主要プラットフォームに対応

     ・Web - iOS - Android
     ・Mac - Windows

    ・内部アプリも掲載カタログに掲載可能

  • 内部アプリ、SaaSアプリなどが統一された「アプリケーションカタログ」
    画像出典:https://techzone.vmware.com/resource/workspace-one-access-architecture

     デバイス構成の自動化 

    ③デバイス構成の自動化「ゼロタッチ プロビジョニング」

    IT 管理者がアプリや設定を Workspace ONE UEM に事前登録すると、クラウドから各ユーザーの Windows デバイスに自動的に適用されます。
    Microsoft の「Autopilot」や「PPKG」などと連携することで、IT 管理者の手を介さない「ゼロタッチ プロビジョニング」を実現します。

  • デバイス構成の自動化「ゼロタッチ プロビジョニング」

    自動化のメリット

    ・キッティング作業の工数削減
    ・デバイスの配布や入替えの迅速化
    ・手動設定による構成ミスやエラーの抑止

     Workspace ONE Assist 

    ④リモートアシスト

    該当デバイスの画⾯を⾒ながらサポートや代理操作を⾏えます。
    リモートからのトラブル対応を可能にすることで、管理者の運⽤負担の軽減とユーザー満⾜度を向上させます。

  • リモートセッションの操作画面

    ユースケース

    ・ネットワークやアプリケーションの問題に対する迅速なトラブルシューティングおよび修正
    ・ユーザーへの操作説明
    ・企業所有デバイスへのリモート操作
    ・トレーニング向けのリモートセッションの録画

  • リモートセッションの操作画面
    画像出典:https://blogs.vmware.com/vmware-japan/2020/04/workspace-one-assist-remote-support.html

     Workspace ONE Intelligence 

    ⑤統合されたダッシュボード(可視化と自動化)

    Workspace ONE Intelligence で、デジタルワークスペース全体を把握することができます。
    統合されたインサイトと自動化機能により、IT 作業、問題解決、およびパッチの展開が高速化できます。

  • Workspace ONE Intelligence

    主なメリット

    ・作業環境を犠牲にすることなく複雑な環境とセキュリティを管理
    ・ユーザーの使用環境に影響を与える可能性がある問題を迅速に解決
    ・デバイスとアプリケーションの使用状況を効率よく監視することでリソースを最適化
    ・セキュリティの脆弱性の検出と修正の自動化

  • 画像出典:https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=6lImLjggIi8

     セルフサービスポータル(SSP) 

    ⑥セルフサービスポータル

    ユーザーは、紛失したデバイスの位置情報などを確認し、デバイスのロックなど初動対応を⾏うことができます。
    デバイスが⾒つからない場合、ユーザー⾃らデバイスの初期化ができます。

  • ユーザー向け端末管理のWebサービス「セルフサービスポータル」

    想定される利用ケース

    ・手元に見当たらなくなった時、音を鳴らす
    ・紛失後に、紛失した端末をロック
    ・紛失後に、紛失した端末情報を削除
    ・パスワードをリセット

  • ユーザー向け端末管理のWebサービス「セルフサービスポータル」
    画像出典:https://blogs.vmware.com/vmware-japan/2016/12/airwatch_basic_10.html


VMware Workspace ONE -4年連続でリーダーに選出-

VMwareは 『2021 Gartner Magic Quadrant for Unified Endpoint Management (UEM) Tools』で、ビジョンの完全性と製品ソリューションの実行能力において、4年連続でリーダーとして選出
2021 Gartner Magic Quadrant for Unified Endpoint Management (UEM) Tools

VMwareの強み

エンドツーエンドのソリューション

VMwareは、「デバイス管理」「シングルサインオン」「リモートサポート」「リモートアクセス」「エンドポイントセキュリティ」「分析と自動化」「仮想化」を含む完全なパッケージを持つ唯一のベンダーでした。


シンプルさ

VMware Workspace ONEは、テンプレート、ベースライン設定、およびウィザードを提供し、IT 管理者のオーバーヘッドを削減します。また、従来の管理機能と最新の管理機能をシームレスに統合しており、異なるツールを統合する必要はありません。


柔軟性

VMwareはこの調査において最も柔軟なアーキテクチャを提供しています。競合他社はさまざまなアーキテクチャを提供していますが、どのコンポーネントをどこにインストールするかを選択できる柔軟性に欠けています。


レポートの全文はVMware社のサイト(https://www.vmware.com/learn/1053407_REG.html)よりダウンロードいただくとご確認いただけます。



ライセンスと価格

機能とライセンス

  Standard Advanced Enterprise
- ・アプリケーションで使用するストレージ容量(デフォルト) 25GB 50GB 50GB
デバイス管理 ・デバイスのポリシー、システム・構成の設定(PC・モバイル)
・最新のデスクトップ管理(デバイスのオンボーディング)
・IT コンプライ アンス自動化 エンジン(ポリシー、アプリ許可リストなど)
・GPO設定、BitLockerライフサイクル管理など
・テレコム管理(データ、通話、メッセージの利用状況を追跡)
 
・OSアップデートの自動化    
アシスト ・リモート管理および制御ツール(Workspace ONE Assist) アドオン アドオン アドオン
アクセス ・アプリケーション カタログ
・ID プロバイダー連携(Active Directory, LDAP, Okta, Pingなど)
・SSO、条件に基づいたアクセス制御、多要素認証(MFA)
・モバイル E メール管理(ActiveSync:Office 365、G Suiteなど)
レポート ・Workspace ONE UEM のレポート、Workspace ONE Intelligence のカスタムレポート
・ルールに基づくアクションや通知の自動化、機械学習に基づくリスク分析
・EDRやCASB製品との連携による予測型のセキュリティ機能
   
アプリ ・アプリケーションのインストール・構成・割り当て
・Workspace ONE Boxer(Eメール・予定表・連絡先)
・Workspace ONE Cards™ (名刺管理)、Workspace ONE Web(Webブラウザ)
 
・Workspace ONE Notebook™(メモ・タスク管理)    

詳細は VMware Workspace ONEのエディションの比較 よりご確認いただけます。

ライセンスの参考価格

参考価格(サブスクリプション)
Workspace ONE – 価格と比較

  Standard Advanced Enterprise
デバイス単位 3.78 ドル
45.36ドル/年
6.00 ドル
72.00ドル/年
10.00 ドル
120.00ドル/年
ユーザー単位(5デバイスまで) 6.52 ドル 10.90 ドル 15.00 ドル

・表示価格は、2022年7月時点での米国市場での参考価格(12 か月の前払い+ Production Support) です。

・ライセンスの最小購入数は、25デバイス/25ユーザー からの購入となります。
 追加は1ライセンスからです。

・契約期間(1~5年)やサポートレベルなど、その他の課金形態のライセンスもあります。


お問い合わせ


※その他、記載の社名や製品名は各社の登録商標または商標です。
※製品名の表記において ™ や ® は省略しています。