デスクトップ仮想化(VDI)

電子カルテをはじめあらゆるアプリケーションを利用できる
安全なクライアント環境を実現

自分のデスクトップは、自分の席でしか使えない

診療業務にはシステム利用が不可欠。自席以外で自分のデスクトップ環境を使えないために、様々な不自由が起こっていませんか。

  • 自分のデスクトップ

    電子カルテなど様々なシステムにアクセスしたいが、自分のデスクトップ環境は自席でしか使えない

  • セキュリティリスク

    病院内で利用する数多くの端末から、重要な情報が漏えいするリスクはますます増大

  • システムコスト増大

    医療業務に必要なシステムコストは増えるばかり、抑制しなければならない

どの端末からでも、自分のデスクトップを利用

アルファテック・ソリューションズが提案する「デスクトップ仮想化(VDI)」は、データや情報をすべてサーバー側で管理するため、どの端末からでも自分専用のデスクトップを利用することができます。

  • 端末や場所を選ばず利用

    自分専用のデスクトップ環境を院内のどの端末からでも利用でき、在宅や往診時も利用可能に

  • セキュリティの強化

    端末側にデータを置かないことで情報漏洩リスクを解消、セキュリティパッチもサーバー側で一括適用

  • 集中管理でコスト削減

    VDI環境を他のシステムと仮想化基盤に統合することで、運用負荷やライセンスコストを削減

あらゆるアプリケーションに対応

アルファテック・ソリューションズの「デスクトップ仮想化(VDI)」は、電子カルテをはじめとするあらゆるアプリケーションに対応可能です。病院内のどこにいても、どの端末からでも、自分のデスクトップを立ち上げて業務を進めることができます。セキュリティを強化しながら、自由度の高いクライアント環境を実現します。

  • 業務の生産性を向上

    どの端末からも必要なデータやアプリケーションを利用でき、業務効率と生産性の向上に寄与

  • 情報セキュリティ対策

    端末に重要なデータを置かないことで、病院全体でクライアントセキュリティを強化

  • 管理の容易化に

    病院全体、ユーザー全員のシステム端末のセキュリティを高めながら運用管理を容易に

VDI基盤構築サービス

アルファテック・ソリューションズは、豊富な経験と実績をもとに、お客様に最適なデスクトップ仮想化(VDI)環境の設計・構築・運用保守をトータルにご支援します。ハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity」を採用し、外部ストレージ不要なシンプルなVDI基盤をご提案します。

  • シンプルな基盤

    2U×2台の最小構成に、外部ストレージ不要でシンプルにVDI基盤システムを実現

  • 拡張が容易

    2Uの筐体を増設するだけで容量と性能を拡張でき、ユーザーの増加に容易に対応

  • 高速バックアップ

    専用アクセラレーターによりデータ圧縮・重複排除を実行、バックアップを劇的に高速化